男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

コレステロールを下げるにはEPA、DHAの多い青背の魚を食べる

2019/11/6

青背の魚には、コレステロールを下げるEPA、DHAがたくさん含まれています。脂ののった旬の魚を積極的にとりましょう。ただし、内臓や卵は避けます。   青背に多いEPA・DHAはコレステロール値を下げる 魚の脂肪は肉とは違い、コレステロール値を低下させるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸をたくさん含んでいます。とくにはまちやいわし、さばなどの青背の魚はEPAやDHAが豊富です。   肉と比べ比較的低エネルギーで太りにくい脂肪なので、高脂血症や肥 ...

ReadMore

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

強い抗酸化作用を持つ食品は〇〇〇〇だ!

2019/11/6

抗酸化作用のあるビタミンをとろう 動脈硬化などの原因となる活性酸素の発生を抑えるのが、抗酸化物質。ビタミンE、ビタミンC、βカロチンは、その代表例。 活性酸素の害を防ぐ抗酸化物質 活性酸素は、血液中の酸素がエネルギーに変わる過程で酸素の一部分が化学変化を起こして発生するものです。具体的にLDL(悪玉)コレステロールを酸化して動脈硬化の原因となります。また、がんや、さまざまな生活習慣病、シワやシミといった老化現象も、活性酸素と深い関係があると考えられます。   この活性酸素の発生を防いでくれるのが ...

ReadMore

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

1ヵ月間、食物繊維が多い食べ物でコレステロールを解消!

2019/11/6

コレステロールを下げる食物繊維 ポイント 野菜、果物、海藻、穀類などに含まれる食物繊維は、コレステロール値を下げる働きがあります。このほか、大腸がんの予防や便秘の解消にも効果があります。 水に溶ける食物繊維を… 食物繊維には、水に溶ける水溶性のものと、溶けない不溶性の2種類があります。   海藻、野菜、果物、豆類などの水溶性食物繊維には、コレステロール値を下げる作用があるので、動脈硬化をはじめ高脂血症、糖尿病などの予防に役立ちます。このほか、大腸がんや便秘の解消・予防にも効果があります。 &nb ...

ReadMore

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

健康には大豆!中性脂肪もコレステロールも下げる優れもの

2019/11/6

ポイント 健康食品として知られているものに豆腐や納豆があります。これは原料である大豆に含まれるイソフラボンやビタミンE、食物繊維が、からだに効果的に作用するからです。   中性脂肪もコレステロールも下げる大豆製品 大豆には、イソフラボンやビタミンE、食物繊維など、からだにいい働きをするさまざまな成分が含まれています。 ●イソフラボン…抗酸化作用があるといわれている ●ビタミンE…細胞の酸化を防止する働きがある ●食物繊維…コレステロール値を下げる作用がある   豆腐よりも納豆やおから ...

ReadMore

内臓脂肪 血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

中性脂肪を減らす秘密兵器「抗酸化物質」

2019/10/16

細胞の酸化を防ぐ「抗酸化物質」には、細胞やLDLコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化をも防ぐ作用があります。抗酸化物質を含む緑黄色野菜を積極的に食べましょう。   抗酸化物質とは? 抗酸化物質には、細胞の酸化を防ぎ動脈硬化を予防する効果があります。 抗酸化物質の代表選手はビタミンC、ビタミンE、βカロチンたっぷりの緑黄色野菜です。また、ワインやカカオ、お茶などに含まれるポリフェノールも知られています。ただし、各ポリフェノールの効果や必要量はまだ研究段階です。 中性脂肪が気になるという人は、こうし ...

ReadMore

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

寒天は食物繊維を多く含む!そして、コレステロールを減らす!効果絶大!

2019/10/16

ポイント ・食物繊維にはコレステロール値を下げ、糖質の急な吸収を抑える働きがある ・水溶性の食物繊維は特にコレステロールを減らす効果が高い ・食物繊維の1日あたりの摂取量は25ℊ以上をめざす   食物繊維のすぐれた働き 食物繊維とは、食品に含まれる難消化成分のことで、一部は腸内細菌によって分解・吸収されますが、大部分は人間の消化酵素では消化することができず、そのまま便として排出されます。   食物繊維には、校内で胆汁酸(胆汁の主成分)を吸着して体外に排出する働きがあります。胆汁酸はコレ ...

ReadMore

血圧・血糖値 血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

抗酸化サプリで高血圧を改善し、動脈硬化を防ごう!

2019/10/16

ポイント ・ビタミンEやCにはLDLコレステロール値の酸化を防ぐ作用がある ・赤ワインやお茶などに多いポリフェノールにも強い抗酸化作用がある ・黄色や赤の色素成分であるカロチノイドにも強い抗酸化作用がある   酸化したLDLが動脈硬化の原因となる 糖尿病や高血圧などの生活習慣病を引き起こす動脈硬化は、これまで主にLDL(悪玉)コレステロールのとりすぎによって起こると考えられてきましたが、最近の研究では、ほんとうの犯人はLDLコレステロールそのものではなく、体内で発生した「活性酸素」によってLDL ...

ReadMore

血圧・血糖値

高血圧に良い食事は? | 血圧を下げる極意7選!

2019/10/16

お酢は血圧を下げる物質の分泌を促進する 大手食品メーカーであるミツカンの研究所では、血圧が高めの36~65歳(平均52歳)の男女57名(男性34名、女性23名)に対して、1日大さじ1杯(15㎖)と2杯(30㎖)の食酢を飲用してもらって血圧の変化を見る実験を行いました。測定は2週間に一度、飲用後2時間以上経過した午前中の決まった時刻に行いました。   その結果、収縮期血圧(上の血圧)が、1杯の飲用で約11㎜Hg、2杯では15㎜Hg低下することがわかりました。拡張期血圧(下の血圧)は15㎖飲用では約 ...

ReadMore

内臓脂肪 血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

良質なたんぱく質が含まれている食品は? | ダイエットにはこの食品で食事を!

2019/10/16

ポイント ・たんぱく質を十分にとれば筋肉が増えて内臓脂肪が減り、太りにくい体になる ・摂取エネルギーの15~20%はたんぱく質でとるようにする ・タンパク質は量より質。良質なたんぱく質をとることが大切   たんぱく質が不足すると動脈硬化を進行させる たんぱく質は、体の筋肉や血液の材料になるだけでなく、体が円滑に機能するためのホルモンや酵素などの原料となる大切な栄養素です。 私たちが毎日消費するエネルギーの中で、いちばん大きな割合を占めるのが基礎代謝ですが、筋肉が増えると、この基礎代謝ですが高まり ...

ReadMore

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

脂質異常症になりやすい人の食生活 | コレステロール値と中性脂肪値が高い

2019/10/16

ポイント ・脂質異常症は代表的な生活習慣病の1つ ・脂質異常症は食事や運動などの生活習慣が発症や進行に深くかかわる ・脂質異常症になりやすい人は食事の内容や食習慣に問題のある人が多い   こんな食事や食習慣には要注意 コレステロールや中性脂肪など、血液中の脂質が異常に増えた状態である脂質異常症は、代表的な生活習慣病の1つです。生活習慣病は、その名前のように、食事や運動、喫煙、飲酒、ストレスなど、ふだんの生活習慣が病気の発症や進行に深くかかわっている病気です。 脂質異常症の場合、生活習慣の中でもい ...

ReadMore

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.