男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

血圧・血糖値

血圧を下げるために② 今話題のキーワード「中心血圧」とは?!

2019/12/10

◀ 血圧を下げるために① 「血圧の新基準」と「理想の数値」、まずは正常値を知ろう 「中心血圧」医学会も大注目の数値 「私は上の血圧が135だから、まだギリギリ高血圧ではない」 「自分は薬を飲んでいて、上が120ぐらいに収まっているから、まあまあかな」 みなさん、このようにご自分の血圧自分の血圧の値はだいたいご存じのことと思います。 ところが、みなさんが考えている「血圧」とは別に、もうひとつの「血圧」があると知ったら驚くのではないでしょうか。 その「もうひとつの血圧」というのが、心臓に直結する ...

ReadMore

血圧・血糖値

血圧を下げるために① 「血圧の新基準」と「理想の数値」、まずは正常値を知ろう

2019/12/10

血圧とは   血圧をいかに下げるかということに興味があるかと思いますが、まずは「血圧って何??」というのを簡単に伝えておきます。   血圧とは、心臓が体の隅々にまで血液を送り出すときに「血管の壁にかかる圧力」です。「血液が血管を押す力」と言ってもよいでしょう。   わかりやすく言うと、ホースに水を流すところをイメージしてください。   ①水の勢いが強かったり、②水の量が多かったり、③ホース自体が狭くなっていたりすると、ホースにかかる力(圧力)は高くなります。 &nb ...

ReadMore

血圧・血糖値 血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

海藻類はコレステロール値や血圧も下げる!

2019/11/20

海藻の食物繊維   表面のヌルヌル成分は、コレステロール値を下げる水溶性の食物繊維   こんぶやわかめなど、海藻類の表面はヌルヌルしていますが、ぬめりの正体は水溶性の食物繊維。コレステロール値を下げる効果があるうえ、血圧も下げるため、動脈硬化に効果的です。   生のこうんぶやわかめの表面を覆っているぬめり成分は、アルギン酸やフコイダンと呼ばれるもの。これらは、コレステロール値を下げる働きがある水溶性の食物繊維の一種です。血糖値の上昇を抑えたり、ナトリウムの排出を促して血圧を下 ...

ReadMore

ED・勃起不全・早漏解消

おすすめ精力増強剤5選で勃起不全解消!|口コミ・感想・評判

2019/11/13

    500円でバカ売れ!マカ超え強力パワー精力サプリ ♥ ED(勃起不全)改善と精力向上を目指す男の栄養補助食品! ♥ その成分含有量は、なんとあのマカを数倍も上回る強力パワー! ♥ 安くて、効果絶大、送料無料! 妻をなくしてから独身を続けていましたが、最近彼女ができました。でも自信がなく活力不足に悩んでおりましたが、クラチャイダムゴールドに出会って、あの頃のようなパワーが取り戻せました。とても感謝しています。

ReadMore

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

コレステロールを下げるにはEPA、DHAの多い青背の魚を食べる

2019/11/6

青背の魚には、コレステロールを下げるEPA、DHAがたくさん含まれています。脂ののった旬の魚を積極的にとりましょう。ただし、内臓や卵は避けます。   青背に多いEPA・DHAはコレステロール値を下げる 魚の脂肪は肉とは違い、コレステロール値を低下させるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸をたくさん含んでいます。とくにはまちやいわし、さばなどの青背の魚はEPAやDHAが豊富です。   肉と比べ比較的低エネルギーで太りにくい脂肪なので、高脂血症や肥 ...

ReadMore

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

強い抗酸化作用を持つ食品は〇〇〇〇だ!

2019/11/6

抗酸化作用のあるビタミンをとろう 動脈硬化などの原因となる活性酸素の発生を抑えるのが、抗酸化物質。ビタミンE、ビタミンC、βカロチンは、その代表例。 活性酸素の害を防ぐ抗酸化物質 活性酸素は、血液中の酸素がエネルギーに変わる過程で酸素の一部分が化学変化を起こして発生するものです。具体的にLDL(悪玉)コレステロールを酸化して動脈硬化の原因となります。また、がんや、さまざまな生活習慣病、シワやシミといった老化現象も、活性酸素と深い関係があると考えられます。   この活性酸素の発生を防いでくれるのが ...

ReadMore

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

1ヵ月間、食物繊維が多い食べ物でコレステロールを解消!

2019/11/6

コレステロールを下げる食物繊維 ポイント 野菜、果物、海藻、穀類などに含まれる食物繊維は、コレステロール値を下げる働きがあります。このほか、大腸がんの予防や便秘の解消にも効果があります。 水に溶ける食物繊維を… 食物繊維には、水に溶ける水溶性のものと、溶けない不溶性の2種類があります。   海藻、野菜、果物、豆類などの水溶性食物繊維には、コレステロール値を下げる作用があるので、動脈硬化をはじめ高脂血症、糖尿病などの予防に役立ちます。このほか、大腸がんや便秘の解消・予防にも効果があります。 &nb ...

ReadMore

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

健康には大豆!中性脂肪もコレステロールも下げる優れもの

2019/11/6

ポイント 健康食品として知られているものに豆腐や納豆があります。これは原料である大豆に含まれるイソフラボンやビタミンE、食物繊維が、からだに効果的に作用するからです。   中性脂肪もコレステロールも下げる大豆製品 大豆には、イソフラボンやビタミンE、食物繊維など、からだにいい働きをするさまざまな成分が含まれています。 ●イソフラボン…抗酸化作用があるといわれている ●ビタミンE…細胞の酸化を防止する働きがある ●食物繊維…コレステロール値を下げる作用がある   豆腐よりも納豆やおから ...

ReadMore

内臓脂肪 血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

中性脂肪を減らす秘密兵器「抗酸化物質」

2019/10/16

細胞の酸化を防ぐ「抗酸化物質」には、細胞やLDLコレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化をも防ぐ作用があります。抗酸化物質を含む緑黄色野菜を積極的に食べましょう。   抗酸化物質とは? 抗酸化物質には、細胞の酸化を防ぎ動脈硬化を予防する効果があります。 抗酸化物質の代表選手はビタミンC、ビタミンE、βカロチンたっぷりの緑黄色野菜です。また、ワインやカカオ、お茶などに含まれるポリフェノールも知られています。ただし、各ポリフェノールの効果や必要量はまだ研究段階です。 中性脂肪が気になるという人は、こうし ...

ReadMore

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

寒天は食物繊維を多く含む!そして、コレステロールを減らす!効果絶大!

2019/10/16

ポイント ・食物繊維にはコレステロール値を下げ、糖質の急な吸収を抑える働きがある ・水溶性の食物繊維は特にコレステロールを減らす効果が高い ・食物繊維の1日あたりの摂取量は25ℊ以上をめざす   食物繊維のすぐれた働き 食物繊維とは、食品に含まれる難消化成分のことで、一部は腸内細菌によって分解・吸収されますが、大部分は人間の消化酵素では消化することができず、そのまま便として排出されます。   食物繊維には、校内で胆汁酸(胆汁の主成分)を吸着して体外に排出する働きがあります。胆汁酸はコレ ...

ReadMore

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.