ED・勃起不全・早漏解消

勃起障害(ED)の症状・原因・治療する科は?!

受診するする科

泌尿器科

 

勃起障害(ED)の症状と特徴

 

性交できるだけの勃起が得られないために満足な性交が行えないという症状が特徴。勃起障害と定義れせているのは性交のチャンスがあっても75%以上で性交が行えない状態を指す。ごくたまに症状がみられる程度の経度のものは勃起障害として治療することは少ない。勃起障害が重度になるとまったく勃起がみられなくなる。

 

勃起障害(ED)の原因

原因は大きく分けて器質性のものと機能性のものがある。

器質性勃起障害は、陰茎の以上や、脳や脊髄、抹消神経などの原因、さらに血管の障害や内分泌性の障害などが原因となる。

機能性勃起障害は、体には異常がないものでもおもに心因性だと考えられている。一般に早朝勃起があり、マスタベーションが可能な場合や睡眠中には勃起が起こっている場合には、心因性勃起障害だと考えられる。なお、器質性勃起障害と機能性勃起障害の両方が関連する混合性勃起障害もあり、糖尿病や腎不全、慢性前立腺炎や精巣静脈瘤、加齢、外傷や手術などが原因となっている。さらに、血圧降下薬や胃潰瘍治療薬、鎮静薬、向精神薬、ホルモン薬などの長期服用が原因になる場合もある。

また、生まれてからいちども勃起したことがない場合には、男性ホルモンの分泌異常が考えられる。

 

勃起障害(ED)の治療

原因により治療法も変わる。器質性勃起障害など、原因となる病気があれば、その病気の治療が優先される。男性ホルモンの分泌異常による勃起障害の場合には、男性ホルモン補充療法を行います。また、服用している薬が勃起障害を引き起こしている場合には、可能ならば薬の服用を中止することが勧められる。

 

機能性勃起障害の場合には、カウンセリングや行動療法などの心理療法が行われます。

 

なお、機能性および軽度の器質性勃起障害の場合には、薬物療法として漢方薬が使用されることもあります。また、シルデナフィルなどの勃起増強薬も有効ですが、高齢者や心臓病の人では急性心不全などの副作用が報告されているため、あらかじめ心臓疾患の有無を確認する必要がある。

 

このため、事前に血液検査や心電図などで異常がないかどうか検査してから処方される。またニトログリセリンを服用している場合にも勃起増強薬は服用できません。

その他の療法として陰圧式勃起補助具を用いる方法や、手術によって陰茎海綿体内にシリコンなどでつくられた棒状のものを埋め込む陰茎プロステーシスの挿入術、自分で陰茎にプロスタグランジンや塩酸パパべリンなどの平滑筋弛緩薬を注射する陰茎海綿体自己注射法などもあります。

 

それぞれの治療法には一長一短があり、自分に合った治療法を選ぶことが大切である・どの治療法を選択するか、よく考えてみよう。

 

Copyright© 男の悩み .info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.