新型コロナウイルス

新型コロナウイルスの予防方法・対策はこれだ!!

新型コロナウイルスはアルコールに弱い

 

ウイルスには、アルコール消毒(濃度70%以上)が有効なものと、効果が期待できないものがあります。前者をエンベロープウイルス、後者をノンエンベロープウイルスと呼びます。「エンベロープ」とは、ウイルスを包んでいる膜のことです。

 

ノロウイルスは、この膜を持たないノンエンベロープウイルスですが、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスはエンベロープウイルスです。膜は脂質を主成分としているため、エーテルや石鹸など、脂溶性のある溶媒で破壊され、これによりウイルスは不活化します。

 

手洗いの原則は、あくまで流水と石鹸なのですが、それができない外出先などでは、次善策として手指にアルコールをつけて消毒することは、予防効果が期待できます。

 

その際に、石鹸で手を洗うときの要領で、指の先や間など手の全表面にくまなくすりこみ、乾くまで15秒以上こすってください。そのためには、市販のアルコール消毒液を普段から携行しておき、こまめに消毒するのがよいでしょう。

 

また、アルコール消毒液は濃度が高いので引火します。台所などに置く際は注意しましょう。

 

モノの消毒には次亜塩素酸ナトリウム

手などの皮膚の消毒を行う場合に、濃度70%以上の除菌アルコール液が有効であると先述しましたが、モノ表面の消毒には、次亜塩素酸ナトリウム(一般に「塩素」と呼ばれているもの)が有効であることがわかっています。

 

塩素系の漂白剤などもこれに該当し、100円ショップなどにも売っていますので、どこでも手に入れることができます。

 

0.02%程度に希釈した次亜塩素酸ナトリウムをペーパータオルなどに含ませ、テーブル、ドアノブ、電気のスイッチなど、人が頻繁に触れそうな場所を重点的に拭き取ります。

 

その際に、スプレータイプのもので直接吹きかけたくなりますが、ウイルスを空気中に舞い上げてしまうので、やらないようにしましょう。また、皮膚に対する刺激が強いため、拭いたあとは必ず手も洗ってください。

 

前述のとおり、付着したウイルスは数時間から2日間、感染力を持続させるので、普段から身の回りをこまめに消毒しておくことが大事です。そうすることで家庭や職場内での感染の確立を減らすことができます。

 

 

粒子のサイズは5㎛、マスクで飛沫感染を防御

感染予防に「マスクは効果がない」という声をときどき耳にします。ウイルスの粒子が約0.1マイクロメートルと極小なため、空気中を漂うウイルスはマイクを通過してしまうというのが理由です。実際WHOの報告からも、社会環境下におけるマスクの効果について明確な答えは出ていません。

 

一方で、現時点では新型コロナウイルスも、インフルエンザウイルスと同様に、空気感染の可能性は低いとされています。ということは、飛沫および接触に絞った予防策を講じることで、感染を防ぐ確率は高まるということです。

 

飛沫とは、咳やくしゃみでウイルスに水分やほこりが付着したもので、粒子の直径は5マイクロメートル以上。ウイルス単体よりはかなり大きいことがわかります。

 

米国食品衛生局は、医療用のサージカルマスクの基準を、細菌ろ過効率(BFE:約3マイクロメートルの粒子がろ過された率)が95%以上と規定しており、国内の市販マスクは大半がこれをクリアしています。空気感染を防げなくても、飛沫感染は防げるということなのです。

 

マスク着用で喉を保湿し、ウイルスをブロックする

マスクの効果については、前述したとおり、ウイルスの空気感染は防げませんが、飛沫感染は高い確率で防げますし、自分から他者への飛沫の飛び散りも防ぐことができます。

同じ理由で眼鏡をかけるのも効果的といえます。飛沫感染は、飛沫が粘膜に付着することが問題なので、口、鼻だけでなく目に付着しても感染します。感染対策の専門家がゴーグルをしている様子を見ますが、それと同じことです。

眼鏡をかければ無意識に目を、マスクも同様に口、鼻を触ってしまうことも防げます。

また、私たちの体には咽喉から肺までの気道の粘膜に線毛という器官ががあり、これが気道に入った異物を外へ掻き出してくれています。線毛が正常に働いていれば、肺に入りかけた異物も30分ほどかけて排出されます。

ところが、空気が乾燥して喉の粘膜も乾くと、この線毛の働きが低下していまいます。マスクの着用で喉を保湿することは、ウイルスの防御にもつながるのです。

同じく、保湿という観点では、のど飴をなめるのも有効です。

 

加湿がウイルス減少のカギ、室内の湿度は50%をキープ

ウイルスは温度が低く乾燥した空気を好みます。なるべく温度を高く、湿度を高くすることでウイルス感染の予防が可能です。たとえば、温度が20度以上、湿度が50%であればウイルスを大幅に減少させることができます。新型コロナウイルスにおいても、加湿器や濡れタオルなどを使って40%~60%の湿度を保ちましょう。ただし、湿度80%を超えるとカビが発生しやすくなるので注意しましょう。

 

室内に長時間滞在する場合、換気もウイルス減少に有効な手段です。ウイルスを持った人が咳をすると、ウイルスは空気中を漂います。

 

そのため、こまめな換気によって室内からウイルスを減らし、飛沫感染のリスクを抑えることが可能です。対角線上の2つの窓を開けると、空気の入り口と出口ができてスムーズに空気の入れ替えができます。換気扇をつけるから窓は開けなくても大丈夫と思う人も多いですが、換気扇は空気の出口の役割のみです。効果的な換気には空気の入り口用の窓が必要です。

 

会社や学校などで定期的に換気しづらい場合はマスクで予防しましょう。

Copyright© 男の悩み .info , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.