男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

血圧・血糖値

血圧を下げるために① 「血圧の新基準」と「理想の数値」、まずは正常値を知ろう

更新日:

血圧とは

 

血圧をいかに下げるかということに興味があるかと思いますが、まずは「血圧って何??」というのを簡単に伝えておきます。

 

血圧とは、心臓が体の隅々にまで血液を送り出すときに「血管の壁にかかる圧力」です。「血液が血管を押す力」と言ってもよいでしょう。

 

わかりやすく言うと、ホースに水を流すところをイメージしてください。

 

①水の勢いが強かったり、②水の量が多かったり、③ホース自体が狭くなっていたりすると、ホースにかかる力(圧力)は高くなります。

 

心臓はポンプのように「収縮」と「拡張」をくり返しながら、全身に血液を送り出します。

「収縮」した瞬間に血液が送り出され、「拡張」とともに全身から血液が戻ってきます。

この心臓が血液を送り出している(収縮している)ときの最高圧を「収縮期血圧」、いわゆる「上の血圧」といいます。

そして、拡張しているときの最低圧が、「拡張期血圧」、いわゆる「下の血圧」です。

 

血圧は全身のすべての血管にかかっていて部位によって数値も異なりますが、通常は血圧といえば、上腕で測る血圧のことを指し、これを「上腕血圧」と呼びます。

 

「血圧の新基準」と「理想の数値」

日本における高血圧の基準値は「140/90㎜Hg以上(診察室血圧)」とされています。

 

この値は時代とともに移り変わってきていて、1987年には「180/100㎜Hg(以下単位省略)」だったものが、どんどん引き下げされてきた経緯があります。

 

また現在、アメリカでは高血圧の基準は「130/80」となっています。日本も将来的には高血圧の基準値が引き下げられる可能性はあるかもしれません。

 

高血圧の基準はきちんと医学的根拠によって定められています。

 

今までは血圧をどこまで下げればいいのか、なかなかはっきりとしたことがわからなかったのですが、近年では研究が進んで、やはり血圧が高い人ほど脳卒中や心筋梗塞などの「血管事故」で死亡する率が高いことが明らかとなってきました。

 

そして、その数値は「上の血圧が140、下の血圧が90」で、これを超えると急に死亡リスクが高まるのです。

 

このため、140/90以上が高血圧の基準値となっているのです。

 

さらに、120/80未満の場合がもっとも循環器病のリスクが低いため、「至適血圧」とされています。血圧が130~139/80~89であっても、120/80未満の人に比べると、心血管系死亡リスクは1.5倍以上高いといわれています。このためアメリカでは130/80を高血圧の基準としています。

 

もちろん個人差はあります。しかしこの基準内に血圧が収まっていれば、脳卒中や心筋梗塞などの血管事故を起こさず、健康で長生きできる確率が高いのです。この範囲に入っていたほうが断然安心です。

 

高血圧は“サイレントキラー(沈黙の殺し屋)”

 

心筋梗塞、脳卒中、大動脈瘤の破裂など、血管が原因となって起こる病気は血管の事故によるものです。

 

これらの病気は、血圧が高い状態が続くことにより、動脈硬化が進むなどして起こりやすくなります。

 

常に高い圧力がかかった状態が続くことで、血管には相応の負担がかかり、徐々に傷んできます。

 

傷んだ血管はだんだん厚く硬く、しなやかさを失ってもろくなります。

 

内壁にはコレステロールがたまりやすくなり、血液の流れる血管の内腔がコレステロールを含む血管壁のコブ(プラーク)によって狭くなっていきます。これが「動脈硬化」です。

 

動脈硬化は誰でも年齢とともに起こるものですが、高血圧を放置すると実年齢以上に動脈硬化が進み、血管が衰えてきます。

高血圧はよく「サイレントキラー」(沈黙の殺し屋)と呼ばれます。

知らず知らずのうちにも動脈硬化を進行させ、ある日突然、命に関わる病気を起こすのです。

上の血圧(収縮期血圧)が10㎜Hg上昇すると脳卒中のリスクが男性で20%高くなるという統計があります。

 

●高血圧で傷つきやすい動脈と主な疾患
脳動脈
・脳梗塞(脳の血管が詰まる)
・脳出血(脳の血管が破れて出血する)
・脳血管性認知症(脳梗塞や脳出血などの後遺症として認知症になる)

大動脈
・大動脈瘤(動脈硬化によって大動脈の壁がもろくなり内圧に負けて膨らむ)
・大動脈解離(大動脈壁が裂け、血液が流れ込んで壁が内側と外側に解離する)

冠動脈
・虚血性心疾患:狭心症、心筋梗塞(冠動脈が狭くなったり、詰まったりする)

腎動脈
・腎硬化症(腎臓の血管に動脈硬化が生じ、腎臓が硬く委縮して機能が障害される)

・腎不全(糸球体の機能が60%以下まで低下した状態。10%以下になると人工透析治療が必要になる)

末梢動脈
・閉塞性動脈硬化症(下肢の血管の動脈硬化が進み内腔が狭くなったり詰まったりして血流が不足する)

 

血圧を下げるために② 今話題のキーワード「中心血圧」とは?!

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.