男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

血圧・血糖値 血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

大動脈瘤・大動脈解離 | 動脈硬化が引き起こす病気

更新日:

ポイント

・もっとも太い血管、大動脈にできるコブが大動脈瘤で、症状はほとんどない
・大動脈の内膜に亀裂ができ、中膜が解離する大動脈解離は激しい痛みがある
・大動脈瘤も大動脈解離も危険な病気なので、早期発見・早期治療が大切

 

動脈硬化でもろくなった血管にできるコブや亀裂

体の中でもっとも太い大動脈は、心臓と直接つながっている血管で、全身に血液を送るための中心的存在です。心臓の上のほうがから出て、脳、消化管、腎臓などの臓器に向けて枝を出しながら、おへその下あたりで左右に分かれています。この大動脈に生じるコブが大動脈瘤です。

動脈硬化が進んで、血管壁の弱くなった部分が心臓から送り出される血液の圧力に耐えかね、コブのようにふくらんでしまうのです。できやすい部位は、心臓から出てすぐのところ(胸部大動脈瘤)と、おへその下で左右に分かれる手前のところ(腹部大動脈瘤)で、大動脈瘤の4分の3は腹部にできます

大動脈瘤ができても、破裂しない限り、自覚症状はほとんどありません。しかし、破裂をすると症状は激烈で、激しい痛み、呼吸困難、意識障害などを起こし、80~90%が死に至ります。ですから、大動脈瘤は破裂をする前に見つけ、治療をすることが何よりも重要です。

一方、大動脈解離も、動脈硬化や高血圧で弱った。部分に起こります。大動脈の3層壁のいちばん内側の内幕に亀裂が入り、そこから血液が一気に流れ込んで次の中膜が裂け、解離を起こすのです。“引き裂かれるような”と表現されるほどの痛みをほとんどの人が感じます。しかも、痛みはしばしば、胸から背中や肩、腹部へと移動します。患部が広がっていくためで、痛みをがまんしていると解離はどんどん大きくなり、死亡率も高くなりますので、一刻も早く医療機関へ行く必要があります。

 

■大動脈瘤
【症状】破裂するまではほとんどあらわれないのですが、胸部にできた大動脈瘤が、声帯の神経を圧迫するとしわがれ声になる、気管を圧迫すると呼吸が苦しくなる、食道を圧迫するとのみづらくなる、といったことがあります。また、腹部にできると、おなかのあたりにドクドクという拍動を感じることがあります。

【検査】定期検診やほかの病気の検査のために受けた「X線検査」や「超音波検査」で同動脈瘤が見つかることがあります。また、ほかの病気のスクリーニング法として「胸部CT検査」が普及したことで、以前より見つかるようになっています。なお、診断の確定のために「MRI」や、必要に応じて「血管造影」が行われることがあります。

【治療】直結が5㎝未満の場合は、破裂することはめったにないため、降圧薬で血圧を下げ、禁煙します。直径が5~5.5㎝を超えると、手術がすすめられます。

■大動脈解離
【症状】引き裂かれるような痛みを、胸から背中に感じます。痛みはさらに肩、腹部へと移動することもあります。いったん改善することもありますが、注意が必要です。

【検査】「X線検査」や「超音波検査」で見つかることもありますが、「CT検査」を行うと、より正確な位置や大きさが判断できます。

【治療】患部そのものへの治療(人工血管に取りかえる手術など)と、内膜が破れてほかの動脈ふさぐ危険性を防ぐための治療があります。選択肢として薬による治療と手術がありますが、手術は合併症などの危険性があるため、医師とよく相談しましょう。

 

予防のためには、まず血圧の管理

大動脈瘤も大動脈解離も、高血圧が大きなリスク因子になります。そのため、日常の血圧管理が非常に重要です。血圧が高いと、血管への負担が大きくなり、大動脈瘤ができやすく、内膜の亀裂も起こりやすのです。また、すでに動脈硬化になっている可能性が高い人は、食事の内容、運動はもちろん、アルコールの飲みすぎや喫煙などについて、医師の指導を受け、生活全般を見直しましょう。


   

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.