男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

狭心症・ 心筋梗塞 | 動脈硬化が引き起こす病気

更新日:

ポイント

・心臓の心筋へ酸素や栄養を届ける冠動脈に動脈硬化が起こる
・冠動脈にできた脂質プラークが血流を悪くさせ、狭心症になる
・脂質プラークが破れ、できた血栓で冠動脈が詰まると心筋梗塞になる

 

冠動脈の動脈硬化は酸素不足や壊死をまねく

心臓は心筋という筋肉でできており、血液を体中に送り出す働きをしています。心筋のポンプ機能には大量の酸素が必要ですが、これを供給するパイプラインが、心臓を取り巻くように走る冠動脈です。

 

冠動脈は、心臓を支える命綱のような動脈ですが、LDLコレステロールが増えると、この冠動脈に動脈硬化が起こりやすくなります。コレステロールを抱え込んだ脂質プラーク(アテローム)という“コブ”が冠動脈にでき、内腔が狭くなって血液の流れが悪くなるのです。そのため、コブから先へ十分な酸素が供給されず、冠動脈にけいれんが起こるようになります。これが「狭心症」です。また、冠動脈にたまった脂質プラークが不安定になると、心拍数や血液の上昇、血流の変化といったことをきっかけに、プラークの皮膜に亀裂が入り、破れてしまうことがあります。それを修復しようと血栓(血液のかたまり)ができ、血栓によって血液の流れがさまたげられると、「不安定狭心症」という重症の狭心症になります。

 

さらに深刻なのは、血栓によって冠動脈が完全に詰まってしまう場合です。これが「急性心筋梗塞」です。詰まった先には血液が行かないため心筋は壊死し、壊死の範囲が広いと心臓全体が酸素不足、栄養不足に陥って機能しなくなり、そのまま命を落とすこともあります。現在では、カテーテル治療や冠動脈バイパス手術などの治療法が発達して、心筋梗塞の死亡率は下がりましたが、それでも10%を超えるといわれます。

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.