男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

動脈硬化が進行して起こる病気

更新日:

ポイント

・「動脈が狭くなる」「詰まる」「もろくなる」などが原因で全身に病気が起こる
・特に注意が必要なのが、脳に起こる「脳梗塞」と心臓に起こる「心筋梗塞」
・命にかかわる病気が多く、助かっても後遺症のため生活が困難になりやすい

 

生命をおびやかしたり機能障害を残すことも

動脈硬化によって動脈の内腔が狭くなったり、血栓ができて動脈が詰まるようになると、起こった部位によって、さまざまな障害があらわれるようになります。

中でも注意が必要なのが、心臓の冠動脈に起こる「心筋梗塞」や、脳に起こる「脳梗塞」です。

心筋梗塞では、血栓によって血流が途絶え、その先の細胞が壊死するような事態になると、井内にかかわります。脳梗塞では、障害された脳の部位によって症状は異なりますが、手足のマヒやろれつが回らないといった症状があらわれ、後遺症が残る場合も少なくありません。

また、動脈硬化を起こした血管はもろくなっていますので、突然血管の壁が破れたり裂けたりすることがあります。おなかにある大動脈の一部にコブ(大動脈瘤)ができ、それが破裂する「大動脈瘤破裂」や、血管が内側から裂ける「大動脈解離」は、いずれも命にかかわります。

腎臓の血管で動脈硬化が進むと、腎臓への血流が不足して「慢性腎臓病(CKD)」から「腎不全」に進むだけでなく、心筋梗塞や脳卒中といったほかの血管病の発症リスクも高くなります。また、足に起こる「閉塞性動脈硬化症」でも、潰瘍や壊死を起こします。

動脈硬化による病気は進行がわかりづらく、多くはある日突然症状があらわれます。生命がおびやかされたり、機能障害が残るなど、重篤な病気ばかりですので、できるだけリスク因子を減らし、動脈硬化を進行させないことが何よりも大切です。

 

 

全身に起こる動脈硬化性疾患

●脳の動脈
脳卒中(脳梗塞)
⇒起こる血管の太さや詰まり方でタイプが異なる
体への影響
体の片側にマヒなどの後遺症が残ることが多い

 

●胸部、腹部の動脈
大動脈瘤、大動脈解離
⇒大動脈瘤は破裂するまで症状はない
体への影響
心停止、呼吸停止に至ることがある

 

●心臓の動脈(冠動脈)
狭心症、心筋梗塞
⇒血液が流れにくくなる狭心症、血管が詰まる心筋梗塞
体への影響
心筋梗塞は命が助かっても壊死した心筋は元には戻らない

 

●腎臓の血管
慢性腎臓病(CKD)、腎不全
⇒腎臓の機能が慢性的に低下していく
体への影響
透析療法が必要となったり、高血圧になりやすくなる

 

●足の血管
閉塞性動脈硬化症
⇒股関節や太もも、ひざから足首までの血管の血流が悪くなる
体への影響
足に腫瘍ができたり、壊死が起きたりすることもある

 

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.