男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

動脈硬化はどのように進んでいくか | アテローム性動脈硬化とは?

更新日:

ポイント

●LDLが血管の内皮細胞からしみ込み、活性酸素で酸化して内膜にたまる
●酸化LDLをマクロファージが取り込み、脂質ブラークというコブになる
●炎症が強まって脂質ブラークが破裂すると、血栓ができて血管を詰まらせる

 

動脈硬化とは免疫の過剰反応

LDLコレステロールは、動脈硬化と密接にかかわるため、「悪玉」とと呼ばれます。しかし、LDLコレステロールが動脈の壁にたまることが、イコール動脈硬化ではありません。

動脈硬化が進むプロセスは複雑で、免疫細胞や活性酸素などさまざまなものがかかわり、LDLも血管内も変化していきます。

小型高密度LDLがしみ込む

LDLコレステロールが血液中で過剰になると、動脈の内皮細胞が傷つき、そこからLDLがしみ込んで内膜にたまります。これが動脈硬化の引き金になるのですが、さらにやっかいな存在があります。それが「小型高密度LDL」です。小型高密度LDLは、中性脂肪が増えすぎたときにできるもので、小型で密度が高いため、ふつうのLDLより血管にしみ込みやすいという特徴がります。

 

2 酸化LDLが免疫細胞を呼ぶ

血管内膜がたまったLDLや小型高密度LDLは活性酸素によって酸化・変性し、酸化LDL(MDA-LDLなど)になります。この場合、小型高密度LDLのほうがいっそう酸化しやすく、性質も悪化しやすいといわれます。

酸化とは、物質がサビたり腐ったりすることで、酸化したLDLは体にとっては不要な老廃物です。そこで、これを掃除するあめ、(血管を守る物質を分泌していた)内皮細胞は、それまでになかった別の物質を分泌し、血液中にある免疫細胞である「単球」を呼び寄せます。

血液から出て血管壁に入った単球は成熟して「マクロファージ」という“掃除細胞”になります。マクロファージは、体内にある細菌や異物を食べるようにして処理する働きがあるため、貪食細胞とも呼ばれます。

 

3 免疫の炎症反応がコブをつくる

マクロファージは、内膜にたまった酸化LDLを食べて解体しますが、それにともなって免疫反応である炎症が起こります。

また、マクロファージは内膜の中を移動することができないため、その場で数を増やしてどんどんふくれあがり、すべてを処理しようとします。食べたコレステロールをかかえ込んでふくれあがったマクロファージはは、泡だらけの細胞(泡沫細胞)になります。

さらに、マクロファージの作用によって、中膜の平滑筋細胞が内膜まではみ出してきて、炎症をおこしているマクロファージをおおいます。すると、マクロファージはさらに膨れ上がり、ついには自壊してかたまりのようになります。これが、「脂質プラーク」で、プラークとはコブという意味です。中はジュクジュクとした粥状になっているため、粥腫、またはアテロームとも呼ばれます。

このような粥状の脂質プラークができるのが、「アテローム性動脈硬化」です。

 

4 血栓が血管を詰まらせる

脂質プラーク(アテローム)は、血管の内腔で盛り上がるため血流が悪くなりますが、血流が止まるまことはありません。

さらに大きな問題になるのは、脂質プラークの炎症が強くなって、皮膜が破裂する場合です。破れ目を修復しようと血小板が集まってきて、血栓(血のかたまり)ができます。血栓は、血液の通り道をふさいでしまい、血液は流れなくなります。

これが心臓の冠動脈に起これば心筋梗塞に、脳の動脈で起これば脳梗塞となり、命にかかわる重大な事態となります。

マクロファージが酸化LDLを食べるのも、血小板が血栓をつくるのも、体を守るための免疫のしくみですが、それが過剰に働くと、動脈硬化になるわけです。

 

動脈硬化には3タイプある

1 アテローム性動脈硬化
アテロームとは、ドイツ語で“腫れもの”という意味。通常、単に動脈硬化という場合は、このアテローム性動脈硬化をさします。LDLコレステロール値が高い人がなりやすいタイプです。コレステロールなどによるドロドロしたお粥のような内容物が詰まったコブができるので粥状動脈硬化とおもいいます。脳や心臓の比較的太い動脈に起こります。

2 中膜硬化
動脈の中膜がカルシウムがたまってかたくなります。また、中膜がもろくなって破れることもあります。大動脈、首の動脈、足の動脈に起こりやすいタイプです。

3 細動脈硬化
動脈の壁の3層全体がもろくなり、破れやすくなります。脳や腎臓の細い動脈に起こりやすいタイプです。

 

動脈硬化に影響する活性酸素とは

私たちは酸素がなければ生きられませんが、その酸素が体内で変化して、不安定な電子構造になったものが活性酸素です。その不安定な部分を補おうと、活性山荘は近くのある分子から電子を奪います。これが、ものを「酸化さえる(サビさせる)」原因です。

 

活性酸素の攻撃性は、よい方向へ働くこともあります。白血球と協力して、さいきんを破壊する武器にもなるのです。しかし、多くの場合、活性酸素は細胞を酸化させ、細胞の正常な働きをそこなって、動脈硬化以外にもさまざまな病気や老化の引き金になります。




●活性酸素がもたらす老化・病気
皮膚のシミ・シワ、動脈硬化、がん、糖尿病、認知症、白内障、あんど。

●活性酸素が増える要因
感染症(細菌やウイルスなど異物の侵入)、化学物質(食品添加物の多い加工食品、排気ガスなど)、紫外線、喫煙、電磁波、激しいスポーツ、ストレス、など。

●活性酸素を必要以上に増やさない対策
インスタント食品やファストフードを食べ過ぎない、喫煙する、ストレスをためない、適度な運動をする、規則正しい生活をする、紫外線を浴び過ぎない、など

効き目抜群!活性酸素を素早く取る方法!

 

続く 動脈硬化が進行して起こる病気


   

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.