男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

悪玉LDLと善玉HDLの違い

投稿日:

ポイント

・LDLは、生命維持に必要なコレステロールを体中の細胞に運ぶ
・HDLは、動脈硬化をまねかないように余ったコレステロールを回収する
・コレステロール自体は同じものだが、LDLは配達薬、HDLは回収役

 

配達役のLDLは余ると動脈硬化を招く

コレステロールには、LDLコレステロールとHDLコレステロールの2種類がありますが、これ末ロール自体は同じもので、ちがいはコレステロールを運ぶ輸送カプセル「リポたんぱく」にあります。

 

LDLは配達専門の輸送カプセルで、血液の中で余ると血管にしみ込み、動脈硬化の原因となります。そのため、「悪玉」と呼ばれるわけですが、なぜ余ってしまうのか、そのしくみを少しみてみます。

 

LDLは全身の細胞にコレステロールを届けます。細胞には、コレステロールが必要になると、「LDL受容体」という鍵穴のようなものができます。一方、LDLには「アポB」という鍵になるものがあり、その鍵が鍵穴に差し込まれることで、LDLは細胞の中に入ることができます。そして、細胞内でコレステロールを放出し、そのコレステロールから細胞膜やホルモンなどがつくられます。

 

しかし、コレステロールが足りていると、細胞は鍵穴であるLDL受容体をつくらなくなります。鍵穴がなければLDLは細胞に入れないので、そのまま血液中を流れ、肝臓へ行きます。すると肝臓はそのコレステロールを使って胆汁酸をさかんにつくり、また肝臓の細胞自身もコレステロールを使います。ただし、能力を超えると肝臓でも受容体が減り、そのためLDLは肝臓に入れなくなります。

 

こうなると、LDLは、再び血液中を流れていくことになります。その結果、血液は過剰なLDLであふれ、高LDLコレステロール血症の状態となるわけです。

 

また、家族性高コレステロール血症のように、LDL受容体の遺伝子に欠損や異常がある場合も、LDLは細胞に入れないため、血液中で過剰になります。

 

 

回収役HDLは動脈硬化の歯止めになる

一方、HDLは回収専門の輸送カプセルです。血管にしみ込んでいるコレステロールを運び去ってくれますので、「善玉」と呼ばれます。

HDLは、肝臓や小腸でつくられます。できたてのHDLは、積荷がほとんどない輸送カプセルです。しかし、血流に乗って運ばれていく途中で、しだいに輸送カプセルとしての働きを発揮するようになります。

血管にしみ込んでいるコレステロールを引き抜いて回収し、集めたコレステロールは肝臓へ運ばれ、そこで分解されます。

ですから、血管の壁にコレステロールがたまっていても、HDLが十分にあり、きちんと働いていれば、動脈硬化に歯止めをかけることができます。

ところが、LDLがそんなに多くなくてもHDLが少ないと、コレステロールの回収が十分にできなくなるため、血管壁のコレステロールはしだいに増えていき、動脈硬化をまねきます。

これが低HDLコレステロール血症といわれる状態です。

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.