男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

脂質が全身に運ばれるしくみ

更新日:

ポイント

・脂質を運ぶのは血液だが、血液はほとんどが水なので、脂がとけ込めない
・輸送カプセル「リポたんぱく」に脂質を取り込むと運べるようになる
・リポたんぱくは4種類あり、組み込む脂質や役割がそれぞれ異なる

 

脂質を運ぶカプセル「リポたんぱく」とは

コレステロールや中性脂肪を全身に運ぶ血液です。ただし、コレステロールも中性脂肪も、脂質、つまり脂なので、そのままの状態では血液にとけ込むことができません。

血液中にとけ込むために、脂質は血液中で「リポたんぱく」という粒子に組み込まれます。

リポたんぱくは、いわば、脂質を積んで運ぶ輸送カプセルといえます。コレステロールや中性脂肪は、リポたんぱくという輸送カプセルに入ることで、安定して血液にまじり、全身の細胞に流れていくことができるのです。そのため、コレステロールや中性脂肪は、常に血液の中ではこのリポたんぱくの形で存在しています。

リポたんぱくは、二重構造になったボール状の粒子です。リポたんぱくには4種類あり、それぞれ働きがちがいます。

 

○カイロミクロン
食べものから摂取され小腸で吸収された脂質(主に中性脂肪)を肝臓へ運びます。

 

○VLDL(超低比重リポたんぱく)
肝臓で合成された脂質(主に中性脂肪)を積んで、脂肪組織や筋肉へ脂肪酸を運びます。

 

○LDL(低比重リポたんぱく)
主に肝臓で合成されたコレステロールを積んで、全身の組織へ配送し、余ったコレステロールは肝臓へ戻します。

 

○HDL(高比重リポたんぱく)
全身の組織から、使われないで余ったコレステロールを回収し、肝臓へ戻します。また、動脈の壁にたまったコレステロールがあると引き抜いて、肝臓へ戻します。

 

※コレステロールは脂肪酸と結合したコレステロールエステルと、脂肪酸と結合していない遊離コレステロールの2種類がある。コレステロールエステルはまったくの脂分で、中性脂肪とともに粒子の芯の部分に閉じ込められる。遊離コレステロールには水になじむ性質があり、リン脂質やアポたんぱくとともに、粒子の外側を囲む。

 

リポたんぱくの種類と働き

○カイロミクロン
中性脂肪やコレステロールを小腸から肝臓へ運ぶ。積荷の約80%は中性脂肪。もっともサイズが大きい

 

○VLDL(超低比重リポたんぱく)
中性脂肪を多く積んでいる。中性脂肪を脂肪組織や筋肉などで降ろしたあとは、サイズが小さくなる。カイロミクロンに次ぐ大きさ

○LDL(低比重リポたんぱく)
コレステロールをたくさん積み、必要な組織へ運ぶ。血液中のLDLが多すぎると、血管の内皮下にしみ込んでたまり、酸化LDLになって動脈硬化の原因となる

 

○HDL(高比重リポたんぱく)
全身を循環して、余ったコレステロールを回収する。また、血管にしみ込んだLDLを引き抜いて回収し、肝臓へ運ぶ。もっとも小さい


   

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.