男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

こんな人が脂質異常症になりやすい

更新日:

脂質異常症になりやすい人は以下の通りです。

・食事や運動などの生活習慣が乱れ、脂質の代謝能力が落ちている人
・LDLコレステロール値が高くなる遺伝子や体質を受け継いでいる人
・脂質異常症を起こしやすい病気を持っている人や、薬を服用している人

 

生活習慣だけでなく、遺伝的因子なども関係する

脂質異常症は、いわば「生活習慣」がもたらす病気です。欧米型の食事、運動不足、喫煙、肥満(特に内臓脂肪型肥満)などが発症に大きくかかわるからです。

 

しかし、脂質異常症の原因は、ほかにもさまざまなものがあり、大きくは「原発性」と「二次性(続発性)」の2グループに分けられます。

 

【脂質異常症の原因】
①原発性
・家族性脂質異常症
・遺伝によるもの

②二次性(持続性)
・ほかの病気(糖尿病、甲状腺機能低下症、慢性腎臓病など)や、薬剤(降圧薬、免疫抑制薬など)によるもの
・生活習慣の乱れ(過食、運動不足、飲酒、喫煙)によるもの

 

主に遺伝的な因子によるものを「原発性」、ほかの病気や生活習慣などの遺伝子以外のさまざまな原因によるものを「二次性(持続性)」といいます。

 

脂質異常症の家族がいる人は要注意

 

以前的な要因で起こる脂質異常症に、「家族性脂質異常症」があります。家族性脂質異常症にはいくつかの種類がありますが、代表的なものは「家族性高コレステロール血症」です。LDLコレステロール値が高くなる遺伝子を受け継いでいると発症しやすくなります。両親ともに遺伝子を持っていなくても、片方の親にあれば、200~500人に1人と、少ない割合であらわれます。

 

家族性高コレステロール血症を放置すると、LDLコレステロール値が200~300㎎/dl、人によっては400㎎/dlにまで上がります。そのため早くから動脈硬化が進み、男性は30歳代、女性は50歳代で心筋梗塞を起こす確率が高くなってきます。

 

同じく遺伝によって起こる脂質異常症には、「家族性複合型高脂血症」のように、高コレステロール血症や高中性脂肪血症が複合してあらわれるものもあります。

 

さらに、遺伝子の異常でないものの、遺伝子の個人差によって脂質異常症になりやすい「体質」のタイプがあり、発症に影響することがわかってきています。

 

両親のうちどちらかが苦しくて心筋梗塞になっている、両親やきょうだいなどに脂質異常症の家族がいる、といった人は、定期的に血液検査を受けて、早期に病気を見つけることが大切です。

 

 

糖尿病などの病気や降圧薬などの薬も原因に

脂質異常症は、ほかの病気によっても引き起こされることがあります。原因疾患でもっとも多いのは糖尿病で、甲状腺機能低下症、慢性腎臓病(CKD)、肝臓病などでも起こります。

 

また、降圧薬やホルモン剤、免疫抑制薬、向精神薬などの薬によって脂質異常症になることもあります。検査でLDLコレステロール値や中性脂肪値が高かったり、HDLコレステロール値が低い場合、もし服用している薬などがあったら、医師に伝えることが大切です。

 

食生活の乱れや運動不足が大きく影響

脂質異常症は日常の食事や運動などが大きく影響します。食べすぎや飲みすぎによるカロリーオーバー、甘いものや動物性脂肪(飽和脂肪酸)を多く含む肉などをよく食べるといった食生活はLDLコレステロールや中性脂肪を増やします。また、タバコにはHDLコレステロール値を低下させる作用があります。

 

さらに運動不足も問題です。運動はHDLコレステロールを増やしますが、車中心の生活ではどうしても運動不足になりがちです。

 

■脂質異常のさまざまば原因
●遺伝・体質
家族性脂質異常症、遺伝子の個人差
LDLコレステロールの処理機能に状がある遺伝子を持っていると、生活習慣に問題がなくても脂質異常症を発症する。遺伝子のちがいによる「なりやすい体質」も発症に影響する。

 

●ほかの病気・薬剤
糖尿病、甲状腺機能低下症、慢性腎臓病などの病気。また、降圧薬、免疫抑制薬などの薬
病気や薬の一部には、脂質の代謝に異常を起こすものがある。

 

●生活習慣の乱れ
カロリーオーバー、動物性脂肪や糖分のとりすぎ、運動不足、内臓脂肪型肥満、喫煙、大量の飲酒など
食事や運動など生活習慣の乱れは、脂質異常症の原因としてもっとも大きなものだが、それだけで発症するわけではなく、体質も影響する。

 

※脂質異常症の原因は1つとは限らず、一人の人に複数の原因が複雑に関与するケースもよく見られます。たとえば、なりやすい体質を持っている人が生活習慣を乱すと、脂質異常症の危険性が高くなります。逆に、遺伝子や体質を持っていても、食事や生活習慣に気をつければ、発症を防ぐことができます。いずれにしても、脂質異常症の治療法を選択する場合は、原因を見極めることが重要になります。

 

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.