男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

血中脂質(コレステロール・中性脂肪・リン脂質など)

脂質異常症の3つのタイプ

更新日:

脂質異常症には3つのタイプがあります。

血液中の脂質 基準値 診断結果
LDLコレステロール 140mg/dl以上  高LDLコレステロール血症
120~139mg/dl  境界域高LDLコレステロール血症
HDLコレステロール 40mg/dl未満 低HDLコレステロール血症
中性脂肪(トリグリセライド) 150mg/dl以上 高中性脂肪血症

・悪玉コレステロール値が高い、または善玉コレステロール値が低いタイプ
・悪玉(LDL)と善玉(HDL)の違いは、輸送カプセルにある
・中性脂肪値が高いタイプもコレステロールに影響し、動脈硬化のリスクになる

 

 

脂質異常症は動脈硬化のリスク因子

脂質異常症は、家族性高コレステロール血症のよおうなまれな場合を除き、基本的に無症状です。そのため、ほとんどの人は特定健康検査(いわゆるメタボ健診)や人間ドックなどでの血液検査で見つかります。

 

脂質異常症を判定する診断基準値には上記のように三つのタイプがあり、いずれか一つでもあてはまると脂質異常症と診断されます。

しかし、同じ健康診断で出た数値でも、血圧や血糖値などとちがって、脂質の数値はさほど重大に受け止められない傾向があります。数値の意味するところがわかりにくいことも原因かもしれませんので、脂質についての概略をみていきます。

 

コレステロール値には、LDL(悪玉)とHDL(善玉)の2つがありますが、コレステロール自体は同じものです。違いは、コレステロールを運んでいる「リポたんぱく」という輸送カプセルになります。

 

LDLは、全身にコレステロールを配る配達専門の輸送カプセルです。一方、HDLは、身体の中で使われずに余っているコレステロールを回収する輸送カプセルで、血管にしみ込んでいる余分なLDLコレステロールを引き抜いて運び去る働きもあります。

 

LDLコレステロールが増えて、数値が140mg/dl以上になると、身体にはそれだけ余分なコレステロールがあるということで、余ったコレステロールは血管内にしみ込んで、動脈硬化の引き金になります。

 

また、HDLコレステロールが減って、数値が40mg/dl未満になると、余ったコレステロールをうまく回収できなくなり、やはり動脈硬化のリスクが高くなります。

 

一方、中性脂肪は、コレステロールとは別の輸送カプセル(VLDL<超低比重リポたんぱく>やカイロミクロン)で運ばれますが、数値が150mg/dl以上になると、やはり問題が起こります。

 

液中で中性脂肪が余ると、LDLを小型化してより血管にしみ込みやすくしたり、HDLを減らしたりするため、動脈硬化の危険性が高まるのです

 

これが脂質異常症の3タイプのおおまかな姿です。

 

こんな人が脂質異常症になりやすい


   

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.