男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

健康診断 コレステロール・中性脂肪・内臓脂肪

コレステロールの数値が高い原因|食事など下げる方法は?

更新日:

コレステロールは脂質、体内にふえると病気になる?

体内には、中性脂肪コレステロールリン脂質遊離脂肪酸の4つの脂質(志望の仲間の総称)が存在しています。それぞれ体を健康に保つために重要な役割を果たしているため、食事でこれらの脂質をきちんととって、一定量を体内に維持しておかなくてはなりません。

 

たとえばコレステロールは細胞膜や、脂肪の消化・吸収に欠かせない胆汁酸、体の働きを微調節するホルモン、神経の伝達に必要な神経線維などの材料として必要です。

 

中性脂肪は、生命維持活動に必要エネルギーとして利用されます。エネルギーとして放出されるときに遊離脂肪酸に変わります。
中性脂肪は食べ物に含まれる脂肪だけではなく、糖質やアルコールからも合成され、すぐに使われない余剰分は、皮下脂肪などとして蓄えられます。外界からの冷気から体温を保ったり、内臓を保護するために、一定量は体の中に蓄えておく必要があるのです。

 

コレステロールや中性脂肪は、血液中を運ばれるときは、特殊な脂質やたんぱく質とくっついてリポタンパクと呼ばれる小さな粒子になります。

リポタンパクはいくつかの種類があり、粒子の中にコレステロールと中性脂肪がどのくらいの割合で封じ込められているかによって、その性質が決まります。

このリポタンパクのうち、コレステロール中性脂肪の比率が高いものをLDL(悪玉)コレステロールたんぱく質リン脂質の割合が高いものをHDL(善玉)コレステロールと呼びます。

 

コレステロールや中性脂肪が増えすぎた状態、すなわち、血液中にリポタンパクが過剰になった状態を脂質異常症と呼びます。
しかし、リポタンパクの種類や血液中に含まれる割合によって、同じ脂質異常症でも、引き起こされる症状には違いが出てきます。

最近ではコレステロールの総量ではなく、そのバランス、つまり、LDLコレステロールが多く、HDLコレステロールが少ないことのほうが、体にとってはよくないということがわかってきました。ひと口に“血液中の脂質”と言っても、特徴や役割、ふえたときどんな症状が起こるか、どうすれば減らせるかが、全く違ってくるのです。

万病の予防に劇的効果!血液サラサラにする方法!

血液中のコレステロールが多いと動脈硬化やそれによる恐ろしい病気を起こしやすくなる

血液中に含まれるコレステロールが多すぎると動脈硬化を進めます。動脈硬化とは、血管がかたくなり、しなやかさが失われた状態です。また、そのコレステロールが血管の内側にこびりついてプラークというものを形成します。プラークとは酸化したコレステロールでできていて、やがてこぶ状になり、血管の内側を狭くします。

 

動脈硬化を進めるもうひとつの要因に、ストレスがあげられます。ストレスや交感神経の緊張によって血管はかたくなることが知られています。

血管の内側はかたくなることが知られています。血管の内側にできたプラークに、ストレスがかかったり、高血圧による圧力が加わったりして傷がつくと、そこにさらに血小板が集まって、血栓(血のかたまり)ができやすくなります。こうした動脈硬化や血栓が、心臓や脳などの血管に生じると、生死にかかわる病気である心筋梗塞や、脳梗塞などの脳卒中を招くことがあります。

 

動脈硬化は、進行しても自覚症状はありません。にもかかわらず、これらの病気の突然の発作につながる可能性が大きくなります。だからこそ、恐ろしいのです。

 

血液検査で、コレステロール値など血清脂質値に異常がある場合は、まず、自分の血液や血管に問題が起きている可能性が非常に大きいことをよく認識しましょう。いうまでもなく、脂質異常症にかかっている場合も同様です。

 

ただし、あまり悲観したり、神経質になりすぎることはありません。運動を心がける、抗酸化物質の含まれた食品をとる、水分補給を心がける、禁煙をするなど生活習慣を改善したり、脂質異常症や高血圧などの治療をすることで、血液を健康な状態に戻すことはできるし、血管年齢を実年齢に近づけることは十分に可能です。

 

ポイント

◎血液を健康にし血管を若返らせて動脈硬化を防ぐ6ヶ条
1.食事は腹八分目を心がける
2.食卓は色鮮やかにする
3.週2回、1日20分つづけて歩く
4.よい睡眠をとる
5.ストレスをためない
6.禁煙する

食事については赤いトマト、黒い胡麻、青背の魚、緑黄色野菜……色とりどりの素材を食卓にのぼらせるようにすれば、栄養のバランスが自然とよくなり、さまざまな抗酸化物質をとることにつながります。また、20分以上早足で歩くようにすると、血液中に血管を開くブラジキニンという物質が分泌されて、血液中に3~4日とどまります。週に2回歩くだけでも、血液サラサラ効果が得られます。

 

動脈硬化は活性酸素のよるLDLコレステロールの酸化がきっかけで起こる

私たちの病気の90%は、活性酸素による酸化が原因です。活性酸素は細胞壁の脂質と結びつきやすく、過酸化脂質という、いわばさびをつくって万病のもとになります。

 

活性酸素は人間の体内で自然発生しています。人間は酸素の化学反応によって代謝活動をして生きていますが、体内に入った酸素の約2%は最近やウィルス、紫外線、大気汚染、ストレス、農薬、食品添加物などによって活性酸素に変化します。

 

活性酸素は実は生命活動に不可欠です。そうでありながら、細胞を傷つけてしまうという相反する作用を傷つけてしまうという相反する作用を持っています。そこで活性酸素の害を打つ消すために、体内では活性酸素を除去する抗酸化酵素(SOD)がつくられています。

 

問題は活性酸素が過剰に発生したり、老化で抗酸化酵素が減って活性酸素を除去しきれなくなった場合です。活性酸素で細胞が酸化され、傷つくと新たな活性酸素が発生し、次々に酸化が広がっていきます。

中でも活性酸素の攻撃を受けやすいのが、LDL(悪玉)コレステロールです。血中でコレステロールを運ぶという大事な役割を担っているLDLは活性酸素によって酸化LDLに変質すると、白血球の一種であるマクロファージが異物マクロファージと認識し、マクロファージ自らの中に飲み込んで排除にかかります。しかし、酸化LDLが多いとマクロファージは飲み過ぎて破裂し、その残骸が血管壁にたまったプラークをつくり血液の流れを悪くします。これが動脈硬化の原因です。喫煙者が活性酸素によって酸化されやすいといわれ、動脈硬化もふえる傾向にあります。

 

さらに活性酸素は血管の細胞そのものを傷つけます。傷つけた部分には止血のため血小板が集まって凝固し、血栓(血のかたまり)をつくりますが、血栓が動脈内で詰まると脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすようになるのです。

万病の予防に劇的効果!血液サラサラにする方法!

 

高コレステロールが原因で動脈硬化を起こすと血栓ができやすくなる

血栓とは、血が固まってできるかさぶたのようなものです。高コレステロールや高血圧が原因で動脈硬化を起こした血管は、内側が狭くなり詰まりやすくなっています。そんな血管に血栓ができやすくなっています。そんな血管に血栓ができて詰まると、そこから先へ血液が送られず、脳こうそくや心筋梗塞などの病気を引き起こします。

血栓は、健康な人の体内でも常につくられています。何かの原因で血管壁が傷ついたりすると、補修しようと血液中の血小板が集まってきて、それに含まれる原料からフィブリンという特殊なタンパク質のかたまりができ血栓となるのです。一方、人間の体には、血栓などをとかすプラスミンという酵素が存在し、不要な血栓を分解、排除して血液の循環をスムーズにしています。このプラスミンは通常プラス三ノーゲンという物質の形で血液に含まれており、t-PAという酵素によってプラスミンとして働くようになります。t-PAは血管の内皮細胞(血管内壁の表面の細胞)で常に分泌されています。

ところが、加齢やストレス動脈硬化などで血管が弱ると分泌されるt-PAの量が減ってプラスミンも減少し、血栓をとかしきれなくなります。

やがて血栓をつくる力のほうがプラスミンにまさるようになると、血栓はとけないまま血管内を流れて別の場所で新たな血栓をつくったり、動脈硬化を起こした血管を詰まらせたりして、脳こうそくや心筋梗塞を引き起こすのです。

 

総コレステロール値は低すぎるとさまざまな問題が起こりやすくなる

コレステロール値は低ければ低いほど健康にいいというわけではありません。

日本動脈化学会による「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」によると総コレステロール値は脂質異常症の診断基準からはずされるようになりましたが、検査結果表には項目としてまだ記載があり、この数値を見る人も多いかと思います。

総コレステロール値は低すぎても、高すぎてもいけません。ちょうどいい数値は200~240㎎/dlです。

総コレステロール値が極端に高くなれば、動脈硬化が原因の心臓病が起こってきます。しかし、総コレステロール値が極端に低いとガンや肺炎、脳卒中などが増えてきます。

その理由はコレステロールが人体にとって非常に重要な働きをするからです。

コレステロールは細胞膜の材料であり、男性ホルモンや女性ホルモンなどの性ホルモン、胆汁酸(胆汁の成分で脂肪の消化を助ける)、ビタミンDなどをつくるのに欠かせません。このため、コレステロールが不足すると、さまざまな不都合が起こってきます。
低コレステロールによってガンがふえるのは、免疫力が低下するためです。また、正常な細胞がつくられにくく、細胞が変異を起こしやすくなってがん細胞がふえることも理由として考えられます。

また、低コレステロールはうつ状態や自殺を引き起こす原因にもなります。これは細胞膜のコレステロールが少なくなると、セロトニンという神経伝達物質を取り込めなくなくからです。セロトニンは喜びの感情に関係しており、足りなくなるとうつを起こすことがわかっているのです。その結果、自殺につながるものと思われます。

 

コレステロール値の捉え方

血液中にはコレステロール、リン脂質、中性脂肪、遊離脂肪酸などの脂質が存在しているが、コレステロール、リン脂質、中性脂肪は、タンパク質とくっついたリポタンパクという形で血液に溶け込み体内を移動します。そのうち、コレステロールまたは中性脂肪の量が増えすぎたり減り過ぎたりする状態を脂質異常症と呼びます。脂質異常症では、心筋梗塞や脳卒中などの動脈硬化性疾患が起こりやすくなります。

脂質異常症には、次の3つのタイプがあります。

① LDL(悪玉)コレステロールが多すぎる場合
② HDL(善玉)コレステロールが少なすぎる場合
③ 中性脂肪(トリグリセライド)が多すぎる場合

脂質異常症かどうかは血液検査を行って、血液の液体部分である血清1dl中にコレステロールや中性脂肪が何mgあるかを測定し、表に示された基準値にあてはめて診断します。

どのタイプも動脈硬化を促進しますが、特に問題なのはLDL(悪玉)コレステロール値が高い場合です。実際はLDLコレステロール値と中性脂肪値の両方とも高い患者さんもおり、その場合はさらに動脈硬化が早く進みます。

以前は、診断の基準に総コレステロール値も使われていました。しかし、総コレステロール値が基準値以下なのにLDL(悪玉)コレステロール値が高かったり、あるいは、HDL(善玉)コレステロール値だけが高いために総コレステロール値が基準値以上になったりと、動脈硬化の危険性について必ずしも正確な判断ができない面があったのです。そこで日本動脈硬化学会による「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」では、診断の基準から総コレステロール値をはずし、動脈硬化性疾患により関連の強いLDLコレステロール値を基準にすることにしました。

病名も、従来使われてきた高脂血症から脂質異常症に変更された。これは低HDL(善玉)コレステロール血症を高脂血症と呼ぶのは適当でないことによります。ただし、診断名や薬が出るときは、高脂血症の名称も使われます。
脂質異常症の多くは、生活習慣の改善で治すことができます。

 

超悪玉の小型LDLコレステロールが多いと動脈硬化や心筋梗塞を起こしやすくなる

現在の医学界ではコレステロール値に対する考え方が変わってきています。以前は総コレステロールの基準値である220mg/dlを超えたら高コレステロール血症と見なし、しぐに薬を飲んで下げようという考え方が主流でした。
しかし最近では、総コレステロール値が240~250mg/dlと少々高めでも、糖尿病や心臓病などがなく、健康であれば治療する必要はないという方向に変わってきました。

現在は診断の際、総コレステロール値の測定をやめ、LDL(悪玉)コレステロール値をはかろうという方向に変わりつつあります。
むしろ問題となっているのは、超悪玉コレステロールが多いかどうかという点です。

超悪玉コレステロールとは簡単にいえば粒の小さいLDLコレステロールのことです。近年の分析方法の進歩によって、LDLコレステロールには、粒が大きいものと粒が小さいものの2種類があることがわかりました。粒が小さいものを小型LDL、あるいはスモールデンスLDLといい、これが超悪玉コレステロールです。小型LDLが超悪玉であるには、これが多いと動脈硬化を起こしやすくなるからです。

理由は、まず粒が小さいために血管の内壁に入りやすく、血管壁にたまりやすこと。また、小粒なため、ビタミンEやβ-カロチンなどの抗酸化作用のある物質を少ししか含んでいないこともあげられます。抵抗力が弱く、酸化されやすく、動脈硬化を進める参加LDLになりやすいのです。

たとえ総コレステロール値が160~180mg/㎗程度と低くても小型LDLを多く持っている人のほうが、動脈硬化や心筋梗塞の危険性が高く、注意が必要です。

この小型LDLはメタボリックシンドロームの人に多いことがわかっています。総コレステロール値は高くなくても、中性脂肪が高く、HDL(善玉)コレステロール値が低い状態のときに小型LDLはふえていきます。

 

LDLコレステロールの酸化は、抗酸化作用のある食べ物で防ぐことができる

活性酵素による動脈硬化を防ぐには、酸化因子と防御因子のバランスを保つことが必要です。酸化因子とは、具体的にストレスや大気汚染などのことです。現代人は、こうした酸化因子がきわめて多い環境で生活しています。そこで、体外からの防御因子をとり入れるのです。

人間が紫外線に当たると活性酸素が生成され、炎症が起きますが、光合成を行う植物には活性酸素を除去する協力なメカニズムを備えているものがあります。こうした植物を食品としてとると体内に抗酸化物質として働きます。ビタミンEやビタミンC,カロテン、赤ワインブームのきっかけとなったポリフェノール類などがその代表例です。ただし、抗酸化物質はそれざれの役割が異なるので、いろいろな野菜や果物を少しずつ食べることが理想です。そのようにして、働きの異なる抗酸化物質をバランスよくとれるように毎日の食生活に気を配ることがLDLコレステロールの酸化や動脈硬化をよぼうすることにつながるのです。

抗酸化物質をうまく取るには…

 

中性脂肪の増加による二次的弊害も動脈硬化を進める

血液中のコレステロールや中性脂肪がふえすぎると、動脈硬化が進みます。特に注目すべきなのがLDL(悪玉)コレステロールの量です。

LDLコレステロールは血液に発生する活性酸素によって酸化LDLに変えられると、血管の内側を傷つけて動脈硬化や血栓のもとになりのです。

中性脂肪の増加も動脈硬化の原因になります。中性脂肪がふえすぐりと、血液中にレムナントという物質が生じます。このレムナントは血管の内壁に直接もぐりこんで動脈硬化や血栓のもとをつくるのです。

また、中性脂肪は内臓脂肪に変わりやすく、ふえすぎると内臓脂肪型肥満になりやすいという点で二次的な弊害を生み出します。小腸を包んで支えている膜を腸間膜といいますが、主にこの腸間膜にくっついてたまった体脂肪が内臓脂肪です。中性脂肪は小腸で合成されるため、ふえすぎるとその周りに蓄積されやすいのです。この内臓脂肪が増えすぎた状態を内臓脂肪型肥満と呼びます。

内臓脂肪型肥満になると血糖値を調整するインスリンの働きが悪くなったり、血管が広がりにくくなって、下の血圧が上がったりします。

さらに、最近の研究では、内臓脂肪がたまってくると、その脂肪細胞から、さまざまな種類の生理活性物質が血液中に分泌されることがわかってきました。動脈硬化をすすめるPAI-1や、血液を上げるアンジオテンシノーゲン、免疫機能に異常を引き起こすアディプシンなどの物質が分泌されるのです。ただ、こうした有害な働きをするものがある一方、体に蓄えられた脂肪が適量であれば、傷ついた血管の壁を修復するなどの働きを持つアディポネクチンのような善玉の生理活性物質が分泌されます。

内臓脂肪型肥満であることに加えて、中性脂肪値が高めだとか、血圧が高め、血糖値が高めなどが重なると、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼ばれる状態を招きます。ひとつひとつの症状は軽めでも、動脈硬化がぐんと進みやすく、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす確率が高くなります。遺伝的なものを除いて、脂質異常症の原因には、暴飲暴食や不規則な生活が関係していることが多いものです。また、内臓脂肪は軽い運動を継続して行うことで減らすことができます。

 

タウリンは胆汁酸の合成を調節する酵素の働きを高める

貝類などに多く含まれるタウリンという成分には、血中コレステロールを下げる働きがあります。肝臓ではコレステロールを材料に胆汁酸をつくっています。胆汁酸は腸管へ排出され、脂肪の消化吸収に役立ちます。その後、一部は対外に排泄されますが、多くは肝臓に戻って胆汁酸の材料として再利用されます。これが腸肝循環です。

実は食品からとったコレステロールはいったん体内で吸収されると、胆汁酸として出される以外に排泄の機会はありません。つまり、腸肝循環が、体内のコレステロールが外に排泄されるほとんど唯一最大の機会なのです。コレステロール値が気になる人はこのときにできるだけ多くの胆汁酸をつくるようにすれば、余分なコレステロールを消費することができるわけです。

コレステロールが胆汁酸に変わるような変化を、異化作用といいます。タウリンはこの異化作用を調節する酵素の働きを高めます。肝臓にタウリンがたくさんあると、コレステロールから胆汁酸への異化作用が促進され、胆汁酸の合成が高まります。

さらにタウリンは胆汁酸の代謝にもたいへん深いかかわりを持っています。胆汁酸にも種類があり、タウリンが結びついているタウリン抱合体胆汁酸と、グリシンというアミノ酸が結びついているグリシン抱合体胆汁酸というものに分けられます。人の場合比率としては普通、1対3でグリシン抱合体胆汁酸のほうが多いのですが、タウリン抱合体胆汁酸が多くなると、体の外に排泄されやすくなるとされています。この働きは肝臓の機能を高める効果もあります。

このようにタウリンが十分に肝臓に補給されていれば、胆汁酸がたくさんつくられ、さらにそれが排泄されやすくなります。ということは、胆汁酸の材料になるコレステロールの消費が多くなり、その分、血液中のコレステロールが肝臓にとり込まれ、体の外に出されることになるわけです。胆汁酸が排泄される量は、それほど多くはありませんが、このとき以外に排泄される機会はないのですから、有効に利用すべてきです。そして、それを有効に促進してくれるのがタウリンなのです。タウリンを十分にとっていれば、余分なコレステロールは胆汁酸として体外に排泄されるのです。

 

 

いきいきとした血管にするために

血液の流れをきれいにすることによって様々な病気にかかりにくくすることができます。まずはそのためには運動や食事などを気を付けないといけないことがたくさんあります。

しかし、忙しい現代社会ではなかなかそういったことに気を使うことができません。それらを一気に解決してくれるのがこちらです。

 

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.