男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

ED・勃起不全・早漏解消

EDとは?勃起不全のメカニズム解明と効率的な改善方法5選!

更新日:

勃起力を改善させる方法

PC筋トレーニング

血流の改善

テストステロンの分泌量を増やす

良質な睡眠の確保

精力サプリの摂取

 

詳しく説明をしていきます。

 

まずは勃起のメカニズムを知ろう

勃起がどのように起こるかを知ることによって勃起の持続力をあげることが可能です。まずは勃起のメカニズムを知っていきましょう。

勃起をするときに必要なメンタル状態について解説します。

 

自律神経=自分の意思では制御できない神経で交感神経と副交感神経で構成されている。

交感神経=アドレナリン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質を分泌する神経で、興奮時に活発になる。
→運動・興奮時

副交感神経=食事や睡眠時に活発になる。
→リラックス時

 

勃起をつかさどっているのは副交感神経です。
交感神経は興奮時になると、血管は収縮します。緊張状態になるということです。ペニスにとって大切な血管が収縮するので、ペニスも縮こまってしまいます。

 

副交感神経は交感神経とは真逆なので、副交感神経が働く状態になると血管は拡張します。つまり、勃起できる条件の中に副交感神経があるわけです。

 

普段は生活の中でこの2つの神経はうまくバランスを取り合っています。陰茎は勃起と委縮の間であるニュートラルな状態になっています。しかし、ストレスが多い世の中では仕事のストレスなどで交感神経を刺激して交感神経が優位な状態になります。仕事が終わってからもストレスが解消されなければ交感神経が優位の状態のなってしまい、勃起不全が起こります。ペニスの勃起は副交感神経が優位の状態(リラックス状態)のときのみに起こります。

 

つまり、男性の体はストレスや緊張している状態のときにはペニスは勃起できず、リラックス状態の時にみ勃起できる仕組みになっています。

 

ストレスによる勃起不全は交感神経の興奮が収まらずに副交感神経が優位にならないで勃起できなくなることが原因なのです。

 

男性が性的な興奮を覚えるとペニス内部の海綿体と呼ばれる筋肉の袋が緩みます。そして、緩んだ海綿体の中に血液が流れ混んでペニスの硬さが増して勃起が起こります。普段はペニスの筋肉が緊張して血管を引き締めており、血液が流れ込むことがないため、勃起は起こりません。ところが、性的な刺激が加わると、神経や血管から一酸化炭素が作られます。この気体はペニスの筋肉を緩める働きをして、ペニス内部に血液が流入して勃起が起こります。

 

ペニスを硬さを劇的にアップする方法

①PC筋トレーニング

PC筋=Pubococcygeusmuscle 睾丸と肛門の間にある筋肉

これを鍛えることによるメリットは勃起時間の持続、早漏の改善、射精力の向上などがあります。

 

勃起をするためには血液をペニスにある海綿体という組織に集中させなければなりません。この海綿体はスポンジが水を水曜に血液を吸っていき勃起するのですが、PC筋を鍛えることで、一度入った血液が海綿体から出にくくなります。また、海綿体への血液量をも増やすことができますので、硬い勃起ペニスを実現して、さらに勃起をし続けることが可能になります。

 

※PC筋を鍛えるためにはスクワットを行うPC筋やその周辺の筋肉を鍛えることが可能。

血流の改善

血行をよくして勃起力を上げる。

ペニスに勃起を命令するのは刺激を感じた脳ですが、勃起は血流がペニスに集結することによって起こります。

何らかの原因で血流が悪いと勃起の命令が下っても勃起ができなかったり、長時間持続しないことが起きてしまいます。

血液をサラサラにして動脈硬化を改善する方法!

血液が脂肪やコレステロール、たばこやアルコールの過剰摂取、ストレスなどでドロドロになると血流が悪くなって、ペニスへの血流終結もスムーズにいかなくなります。そのため、勃起の持続力を維持するためには、まずはメタボや生活習慣病の予防同様、寝不足や運動不足の解消といった生活習慣の改善や、脂肪の多い食事やある刻子やたばこの過剰摂取を辞めるといった食生活が望まれます。

血液内のコレステロール値が高くなれば血液は柔軟性を失い、細い血管へスムーズに入りにくくなります。ペニスにある血管に関しては毛細血管ですから、当然ですが、スムーズに血液が入らなくなります。さらに粘度の高い血液をペニスに集中させようとした場合、心機能に過剰な負荷がかかりますので、勃起を維持させることも、硬いペニスにすることも難しくなります。

血流を劇的に良くする効果絶大のサプリ

 

③テストステロンの分泌量を増やす
EDの問題にとても密接な関係があるのが「男性ホルモン」です。一般的に男性ホルモン値の高い人はエネルギーがあって人を引き付ける魅力が高い傾向があることがわかっています。昨今、日本男性の男性ホルモン値は低下しています。男性ホルモンの値は生まれつき個人差がありますが、ライフスタイル・食事・運動を変えるだけで、男性ホルモン値を上げることは十分可能です。

 

男性ホルモンの量は一般的には20代がピークで、それ以降は下がっていきます。しかし、高齢者の中にも20代の人より男性ホルモンの値が高い人もいます。男性ホルモンの最も代表的なものがテストステロンです。

テストステロンは男性らしさを維持するために必要不可欠な男性ホルモンであり、この男性ホルモンの分泌量が低下してしまえば、性欲を感じにくくなります。テストステロンの量が減少した場合男性ホルモンの量が減ってしまいます。そうなるとホルモンバランスが乱れてしまいますが、そうならないようにテストステロンよりも微量であるにも関わらず強い男性ホルモンが、テストステロンから生成されます。それがジヒドロテストステロンです。

 

しかし、このジヒドロテストステロンは悪玉男性ホルモンである、精力の減退から性欲の減退、薄毛の進行など、ジヒドロテストステロンはとにかく男性にとってはデメリットだらけの男性ホルモンである、ジヒドロテストステロンが優位になると勃起をしても硬くならない、中折れする、勃起を維持するのが難しいなどの悩みが出てきます。

 

つまり、テストステロンの生成量をテストステロンの生成量を減少させないことが、勃起のみならず勢力の維持には大切です。これがED(勃起不全)の根源的な問題です。

テストステロンの生成量を維持するには運動が必要不可欠です。特に短時間の無酸素運動が効果的にです。例えば筋トレなどです。筋肉ひ非常に負荷がかかるきつい運動を短時間で行うことで、テストステロンの生成量はアップします。

 

しかし、内臓脂肪などでお腹が出ている方は無酸素運動と合わせて、中~長期的に体に負荷がかかる有酸素運動もする必要があります。理由は脂肪はテストステロンを女性ホルモンに変質させる働きがあるからです。どんなにきつい無酸素運動を毎日しても内臓脂肪があればテストステロンは作られても、別のホルモンに変質されられてしまうからです。

 

参考

テストステロンの役割
・性欲や精子の形成
・血液を作る。骨や筋肉の強度の維持
・動脈硬化の予防
・メタボリックシンドロームの予防

 

テストステロンの減少の最大の原因はストレスです。テストステロンは精巣(睾丸)で作られています。脳の下垂体が「テストステロンを作れ」という指令を出して、下垂体が出す刺激ホルモンを受けて睾丸で作られます。

しかし、人間がストレスを感じた際には、脳の指令が「テストステロンを作れ」から「テストステロンを作るな」に変わってしまいます。つまり、ストレスがかかるとテストステロンは分泌されなくなってしまいます。

 

④良質な睡眠の確保
日本は睡眠時間が短い国だと言われています。睡眠時間の不足は不規則な生活習慣を作り出してしまいます。睡眠時間は7時間程度の確保が理想的であると言われています。人間は入眠から3時間後に成長ホルモンが活発に働きだします。成長ホルモンは傷ついた細胞を代謝させる能力がありますので、3時間以上は眠るようにしましょう。

また、良質な睡眠をとるために大切なことが朝日を浴びることです。人間の体は朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、朝日を浴びた14時間後に自然と眠気が出てくるようになっ
ています。

 

⑤精力サプリの摂取

PC筋の強化や食生活の改善などがペニスの勃起や硬さに関係があるということはわかったと思いますが、実際にはそれだけでは勃起力を最大値まで引き上げるのは難しいです。

その理由は血液がサラサラになったとしても陰茎への血流をダイレクトに促進させなければ硬さは最大値にはならないからです。血流をよくすることは必要最低限のことなのです。

 

そして、陰茎への血流をダイレクトに促進するための2大成分がシトルリンアルギニンです。特にシトルリンは重要で、勃起力に明らかに効果を与える必要量を食事の中で摂取するには毎日メロンを1玉半食べる必要があるのです。これではお金がいくらあっても足りません。

 

また、アルギニンも同時に取ることで、シトルリンの血流促進に相乗効果が見られることも分かっていますので、この二大勃起成分を毎日効率よくとる必要があるのです。

「直接勃起力アップの起爆剤となるには通常の食生活にプラスαの精力に関するミネラルが必須!」

そこで利用したいのが精力増強系のサプリです。

精力サプリに関しては、勃起力に密接に関係のあるミネラルである亜鉛をはじめ、上記に言及した「血管を拡張する能力のあるアルギニン」、「ペニス周辺の血管拡張に効果のあるシトルリン」など、勃起力アップのための栄養を錠剤で簡単に摂取することができる勃起力アップ専用とも言える商品があります。

おすすめ体に無害のアルギニン・シトルリンを取れるサプリ

 

 

 

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.