男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

健康診断 コレステロール・中性脂肪・内臓脂肪

LDLコレステロールの基準値と下げるにはどうすればいい?|まずは高い原因を…

更新日:

LDLコレステロールの基準値

65~139mg/㎗

 

検査の目的・内容

コレステロールは脂質の一種なので水(血液)になじみません。そこで、水になじみやすいたんぱく質などと結合することにより、血液中を流れ、全身に運ばれていきます。この結合体を、リポたんぱくといいます。

 

リポたんぱくには、結合しているコレステロールや中性脂肪、リン脂質などの物質の比率の違いにより、いくつかの種類があります。その1つがLDLコレステロールで、コレステロールの運搬役を担っています。

 

コレステロールは身体に欠かせない物質ですが、血液中の濃度が高くなると、動脈硬化を促進するようになります。そのためLDLコレステロールには悪玉コレステロールの異名があります。

 

この検査は血液中のLDLコレステロールの量を調べることにより、おもに動脈硬化の進行状態を推測するためにおこなわれます。

 

検査でわかること

基準値を上回っている場合は動脈硬化が進行しているおそれがあります。これは、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患の原因となる状態です。

 

検査数値が低ければ、動脈硬化の心配は少なくなります。しかし、全身へのコレステロールの供給に支障が生じていることが推測できますから、低ければよいというものでもありません。低値の場合は血管壁が弱くなり、脳出血の原因になることがあります。つまり、高値でも低値でも血管に悪影響が生じるのです。

 

 

数値の見方

高値の場合
基準値を超えていれば、高LDLコレステロール血症と診断されます。検査数値を高くする要因として、コレステロールを多く含む食品の取り過ぎという食生活上の偏りが考えられます。

また、家族性、つまり遺伝的要因によるケースもあります。とくに検査数値が180mg/㎗以上の場合は、その可能性が高いといえます。

そのほか、原発性胆汁性肝硬変や閉塞性黄疸、脂肪肝、胆石などの肝疾患や甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群、急性膵炎、糖尿病などが原因となっていることもあります。

低値の場合
吸収不良症候群や甲状腺機能亢進症、肝硬変、劇症肝炎、慢性膵炎、アジソン病、低リポたんぱく血症などがあると検査数値が低くなります。また、一部のがんが原因になることもあります。

下げるにはどうすればいい?

高値の場合、コレステロールを多く含む食品を控えることが大切です。とくに高値の原因が食生活の偏りにあるのであれば、この食事療法を進めることが、治療の大前提になります。医師や栄養士による食事指導を受け、着実に実行することが必要です。
ただし、家族性高LDLコレステロール血症の場合は食事療法を行ってもその効果はあまり期待できません。
高値・低値いずれの場合も、異常値をもたらしている原因を探り、基礎疾患があれば掃除にその治療をすすめます。

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.