男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

血圧・血糖値

高血圧の最大の敵は肥満!肥満解消の極意はこれ!

更新日:

肥満解消の極意

ポイント

・標準体重から1日に必要なエネルギ―量だけ食事をとる
・食事を抜かない
・早食いをなくす

標準体重=22×身長(m)×身長(m)
1日に必要なエネルギー量=標準体重×25~30kcal

肥満は高血圧の敵です。そして、心臓への負担大です。

 

肥満の種類と肥満の定義

肥満とは体脂肪がふえすぎた状態のことでBMIが25以上の場合をいいます。
肥満には2種類のタイプがあります。

参考

・皮下脂肪型肥満

・内臓脂肪型肥満

どちらが注意すべきかというと内臓脂肪型です。

お腹のまわりに脂肪がふえ過ぎる肥満です。このタイプの肥満の人は高血圧だけでなく、脂質異常症糖尿病などを併発したり、狭心症心筋梗塞を起こす割合が高いことがわかっています。

 

高血圧と肥満

肥満で高血圧の人はダイエットすれば血圧は下がります

BMIで25未満になることを目標に食事の摂取エネルギー量を適正にして、内臓脂肪を減らすように努めましょう。

参考

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

1日あたりの適正な摂取エネルギー量のことを「1日に必要なエネルギー量」といいます。これが食事量の目安です。上記ように標準体重を使えば計算で割り出すことができます。

標準体重とはBMIが22の場合の体重です。つまり適正な体重というわけです。特に肥満でない人はこの標準体重を維持することが大切です。

なお、食事を抜くなどのいきすぎたダイエットや、栄養バランすの悪い食事は逆効果です。バランスのよい食事を1日3食、規則正しくとるようにこころがけましょう。また、早食いはエネルギーの取り過ぎにつながります。よくかんで、ゆっくり食べるようにしましょう。

「たった1粒で糖質なかったことに!」効果絶大ダイエットサプリ⇒【ザ糖質プレミアムダイエット】

圧倒的コスパ】月額1,666円で続けるサラサラ習慣⇒みやびのDHA&EPAオメガプラス

 

適度な運動との併用が最も効果的

最後に肥満解消に最も大切なことは適度な運動です。

運動はゆるやかなものが最も効果的です。特に効果があるのが「有酸素運動」です。有酸素運動とは、全身を動かして多くの酸素を取り込みながら行う運動のことです。ウォーキングや軽いジョギング、サイクリング、水泳、水中歩行などがこれにあたります。

無理せずマイペースでできて、長く続けられる運動を選んで行いましょう。たとえばウォーキングなら、毎日もしくは1日おきに1時間。あるいは週5~6日30分間を3か月ほど続けると効果がでてくるでしょう。ただし、体調がすぐれなかったり、運動中に少しでも体に異常を感じたら、その時点で運動を中止しましょう。

 

運動が続かないという人のダイエットはこちらから

 

脂肪は重大なに繋がる…!|脂肪の働きとエネルギーとの関連

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.