男の悩みを一気に解決

男の悩み .info

肝機能 健康診断

AST/ALTの基準値(正常値)とは?高い場合の対処法|血液検査でわかる肝臓の病気

更新日:

AST/ALTの基準値(正常値)

AST(GOT)   14~32 IU/ℓ

ALT(GTP)    8~41 IU/ℓ

 

検査の目的・内容

AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)とALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)はともにアミノ酸の育成に関わる酵素で、以前はASTはGOT,ALTはGPTと呼ばれていました。

 

ASTは肝臓や心筋、骨格筋、腎臓など、さまざまな組織の細胞に存在しています。ALTも各所に存在していますが、とりわけ肝臓に集中しています。

 

ASTとALTが存在している細胞が破壊されると、これらが血液中に漏れ出てきます。この検査は身体のどこかに細胞を破壊するような以上が起きていないかを探るために行われます。

 

検査でわかる肝臓の病気

ASTとALTは一般的に同時に調べます。どちらも明らかな高値を示している場合、まず疑われるのは肝臓の病気です。とくにALTの検査数値が高いときは、肝疾患の疑いが高くなります。

ASTのほうが高値を示している場合は、肝臓のほか心筋骨格筋血液異常なども考えられます。

 

数値の見方

ASTとALTの検査数値が基準数値より高い場合はまず肝疾患を考えます。どちらの検査数値も、経度の上昇では上記の病気を発症しているのか判断が難しいですが、中等度または高度の上昇を示している場合は具体的な病気を絞り込むことができます。

さらに、ASTとALTの上昇の度合いを比較(AST/ALT比)して、チェックすればより、絞り込むことが可能です。また、検査数値の高さや上昇のしかたの速さは、病気の重症度を反映しています。

とくにASTの数値の高さが目立ち場合は、心筋梗塞筋ジストロフィー甲状腺機能亢進症大量出血など、肝疾患以外の病気の可能性もあります。いずれにしても確定診断を得るには精密検査が必要となります。

なお、数値が低い場合は普通は問題視しません。

■AST/ALT比による疑われる病気

AST/ALT比 疑われるおもな病気
AST>ALT

急性肝炎

アルコール性肝炎

肝硬変、肝臓がん、心筋梗塞、進行性筋ジストロフィーなど
AST<ALT 慢性肝炎、劇症肝炎の後期、脂肪肝、急性胆管炎など

■異常値と疑われる病気の関係

検査数値 重症度 疑われる主な病気
AST 33~100 軽度 慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝、アルコール性肝炎、薬物性肝障害、心筋梗塞、溶血など
101~500 中等度 急性肝炎、慢性肝炎、アルコール性肝炎、肝臓がん、心筋梗塞、進行性筋ジストロフィーなど
501以上 高度 劇症肝炎、急性肝炎、心筋梗塞、大量出血など
ALT 42~100 軽度 慢性肝炎、脂肪肝、アルコール性肝炎、肝硬変、薬物性肝障害、急性胆管炎、胆石など
101~500 中等度 急性肝炎、慢性肝炎
501以上 高度 急性肝炎、劇症肝炎、慢性肝炎の急性増悪期など

 

数値が高い場合の対処法

慢性肝炎の場合は医師などから病態に応じた食事や生活、経過観察などについての指導がありますので、指示にしたがいましょう。

とくに、アルコール性肝炎脂肪肝では禁酒を実行することが治療の大前提となります。

また、病態にもよりますが、肝臓への負担を減らすため、睡眠を十分にとる、ストレスをためない、規則だ正しい生活をするなどの生活改善を行うことも求められます。

肝臓病の食事療法では、糖質、たんぱく質、脂質のバランスのとれた適正エネルギー量の食事を、規則正しくとることが基本になります。

ポイント

慢性肝炎食生活の改善(糖質のカット)・アルコール制限

脂肪肝やアルコール性肝障害 → 禁酒

肥満ダイエット

肝硬変 → 医師、栄養士の指導を受ける。※病態や合併症の有無により食事療法が変わってくるため。

「たった1粒で糖質なかったことに!」効果絶大ダイエットサプリ⇒【ザ糖質プレミアムダイエット】

圧倒的コスパ】月額1,666円で続けるサラサラ習慣⇒みやびのDHA&EPAオメガプラス

 

Copyright© 男の悩み .info , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.